【七福神】恵比寿は商売繁盛の神様!漁村に流れ着いた漂着神が大人気

スピ女の迷い家 信仰

七福神の中でも、大黒天と並んで人気が高いのは恵比寿です。

恵比寿は、頭に烏帽子(えぼし)、右手に釣り竿、左手に大きな鯛を抱えている細身のオジサマとして描かれます。

とっても有名な恵比寿ですが、その正体は謎に包まれているんですよね。

今回は、そんな恵比寿について紹介します。

恵比寿は海から流れ着いた漂着神

恵比寿の正体が、海辺の民の間で信仰されている「寄り神」(漂着神)だといわれます。

寄り神の代表は座礁鯨ですね。何らかの理由で海浜の乗り上げた鯨は、海辺の民にとっては最高の恵みです。鯨は大きいので、解体して売ったらお金になりますし、飢饉のときなら十分な食糧となってありがたいんですよ。

他にも、海からの漂着物自体に霊的な何かが宿っていると考える地域もありました。漂着物を持ち帰ると大漁になるなんて言い伝えも……。

恵比寿には、「海から流れ着いた」ってイメージが強いので、記紀神話に登場する蛭子命(ひるこのみこと)と同一視されることがあります。

『古事記』では、伊耶那岐命(いざなぎのみこと)と伊耶那美命(いざなみのみこと)が国産みを行ったとき、障害を持った蛭子命が生まれました。2人は蛭子命を海に流しちゃったんですよ。

蛭子命が漂着したって語り伝えられる地域が日本全国にあって、この言い伝えが恵比寿と結びついたんですね。

また、託宣の神とされる事代主神(ことしろぬしのかみ)は、釣りをしている姿が記紀神話に描かれています。このことから事代主神に海のイメージが定着して、恵比寿と同じ神様と考えられるようになったとか。

商売繁盛の神様となった恵比寿

恵比寿はもともと漁村の神様でした。

後に、魚介類を他の物と交換するために場(市)ができて、そこにも恵比寿が祀られ始めました。恵比寿が商売繁盛の神様になった理由です。

恵比寿信仰の中心といえば、何と言ってもやっぱり西宮(にしのみや)神社

兵庫県西宮市にある西宮神社は、現在でも1月9・10・11日に「十日えびす」を執り行います。毎年百万人もの参拝者が訪れるほどで、恵比寿人気は全く衰えません。

西宮神社は、もともと廣田神社に属していました。廣田神社が祀っているのは天照大神(あまてらすおおみかみ)の荒魂(あらみたま)。

廣田神社は、地域の人々が信じていた神様を取り込んで、天照大神の仲間にしていったと考えられます。その中で、西宮神社が恵比寿信仰の総本社になったんですね。

西宮神社を中心に、関西は正月の「十日えびす」で盛り上がります。一方、関東では江戸時代に、商人たちが10月20日を「二十日えびす」として、お祝いしたり安売りしたりしました。

恵比寿から商売運を授かろう

漁村に流れ着いた恵比寿は、市を通して商人たちに広まって、今では商売繁盛の神様です。

恵比寿が持っている釣り竿や鯛は、漁村の神様だった時代の名残なんですよ。

現在も大盛況な「十日えびす」からもわかる通り、恵比寿はいつの時代でも大人気!

ニコニコしている恵比寿から商売運を授かりたいものですね。

自分一人ではどうしても決められないことって、ありますよね?

それがとっても大切なことだと、なおさら決められなくなっちゃいます。

男女関係や人間関係、職場関係などのトラブルでどうしても苦しいときは、信頼できる占い師に占ってもらうのが一番!

当たると話題の電話占い「ピュアリ」に相談してみましょう。初回はどの先生を選んでも10分間無料

信仰
ミサキをフォローする
スピまよ
タイトルとURLをコピーしました