恋愛とダイエットの呪文ならお任せ!現代の魔女が悩める女子を救う

恋愛とダイエットの呪文ならお任せ!現代の魔女が悩める女子を救う ニュース

現代でも「占い師」や「ヒーラー」を職業とする人たちがいます。

そんなスピリチュアル系職業のうち、「魔女」として活躍している女性が英紙「Daily Mail Online」(2018年10月1日付)で紹介されました。

彼女はどのような魔術を使うのでしょうか?そして、どうして魔女になったのでしょうか?

恋愛とダイエットの呪文を得意とする現代の魔女

魔女のレイチェル・ニールセンさん(28)はオーストラリア・ビクトリア州の州都メルボルンに住んでいます。

「Daily Mail Online」で紹介されるニールセンさんは、黒いドレスをまとい、ホウキを手に持っています。タロットカードや魔術用のロウソクなどもあって、いかにも「魔女!」って感じ。

「エネルギーと魔法を使って本当にすばらしいことをします。人々を助けるためのとても特別な方法です。でもね、これを行うにはたくさんのスキルが必要なので、誰もができるわけではありません」と自信満々のニールセンさん。

得意なのは、「恋愛の呪文」を生み出すことと、体重を減らしたい女の子に手を差し伸べることなんですって!ダイエットの魔法!

「恋愛の呪文」がは120ドル(約13000円)から。依頼者が復縁を求める場合や、もっと強力な呪文を望む場合は、もっと費用がかかります。それでも大体、200ドル(約22000円)前後に収まるとか。

「私は何も強制しません。そんなことをしても、それは愛ではありませんから。私は同意を信じ、本物の愛を信じ、効果の無い小細工はしません」というのがニールセンさんのポリシー。

ニールセンさんは「私の仕事は私にたくさんの可能性をもたらしましたし、人々も同じ効果を私に求めます」と言います。28歳になってからは、助けを求める人々にダイエットの呪文を届けるため、活動範囲を広げているそうです。

プロテスタントの世界を飛び出して魔女になるまで

ニールセンさんは、子どもの頃からファッションや洋服、写真などに興味がありました。情熱がどんどん芸術に向かっていく一方で、周りとの違いに葛藤する日々……。

ニールセンさんの両親は敬虔なキリスト教徒で、育った環境はプロテスタントの世界。そこでは、美しくあることに価値は無く、ある種の創造性ばかりが賞賛されていました。

鬱屈した思いに悶々としていたニールセンさんは、「人助けをしたい!」という衝動に駆られますが、何をしていいのかわからない……。そして、20歳で出会ったのがタロット!

ニールセンさんはすぐにメルボルンへ引っ越しました。そこでヒーラーとなり、自分自身を理解し、自分自身と折り合いをつけました。

メルボルンにはあらゆるものがそろっていました。ハーブ、タロットカード、装飾品……。ニールセンさんは必要なものをすべて手に入れ、いよいよ魔女になるための道へ!

魔法を使って人々を助ける使命に目覚めたニールセンさんは、他の魔女たちとも出会いました。真剣に魔法と向き合う魔女たちに触発されて、自らの可能性に気づき、本当の自分を表現する術を得たんですって。

魔女の仕事はとても大変だけれど心から愛している

ニールセンさんは、ダイエットの呪文を唱える前に、依頼者の経歴や現状を知るため、たくさん質問するといいます。

「ダイエットの呪文」といっても、ある呪文で魔法のように50キロの体重が「消える」わけじゃないんですよ。ニールセンさんの役割は、ダイエットする女の子に寄り添うサポーターといったところでしょうか?

「自分の仕事を続けていくのは、自分の人生でこれまでに経験してきたどんなことよりも大変です。でも、この仕事を心から愛しています」と意気込みを語るニールセンさん。専業魔女となった現在、新しい呪文の習得に励んでいます。

現代の魔女は、黒魔術を使って人を呪う邪悪な存在ではありません。自らの進むべき道を見つけたニールセンさんは、これからもたくさんの女の子を救っていくんでしょうね。

参考:Daily Mail Online

自分一人ではどうしても決められないことって、ありますよね?

それがとっても大切なことだと、なおさら決められなくなっちゃいます。

男女関係や人間関係、職場関係などのトラブルでどうしても苦しいときは、信頼できる占い師に占ってもらうのが一番!

当たると話題の電話占い「ピュアリ」に相談してみましょう。初回はどの先生を選んでも10分間無料

ニュース
ミサキをフォローする
スピまよ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました